見た目を整える輪郭形成

料金の支払いについても関心を払うことが不可欠

顔立ちの重要さ美しく顔を整えることで社会生活をより円滑に料金の支払いについても関心を払うことが不可欠

クライアントからの申し出があった場合には、どのような部分で悩みを抱えているのかを医師がヒアリングした上で、いわゆる視診やレントゲン撮影、CTスキャンなどにより顎骨をはじめとする顔の輪郭にかかわるパーツの状況を明らかにしていきます。
現状を把握することなしには美しく整えるという目的を果たすこともできませんので、入念な検査を行うとともに、どのような部位に対して、どのように変えることによって美観を保つのかといった計画を立てて、最終的に医師とクライアントとの間で合意をした上で着手します。
具体的な対象となってくるのは、一般にエラといわれる頬骨の出っ張り、受け口や前歯の突出、顔面が左右対称にならないなどといった症状です。
これらはくわしい検査の上でその理由を特定することになりますが、一般には顎の骨や歯の生え方の異常に起因するところが大きいといえますので、顎の骨の一部を削りとったり、骨を別の部分から移植したり、脂肪を注入したり、その他の人工物を挿入するなどの外科的な手術での輪郭形成を行います。
場合によっては歯並びが原因でそれが顔の輪郭にまで及んでいるケースもありますので、その場合は手術という方法をとらずに、金属製のワイヤーを用いたいわゆる歯列矯正によって対応することもあります。
この方法では手術とは違って長い期間がかかってしまうのがネックであり、治療期間中の見た目の印象はかえってよくないというのもデメリットですが、最近では透明なマウスピースをはめ込む方法や、歯の裏側に小型の装置を取り付ける裏側矯正といった方法もありますので、以前に比べれば利用しやすくなっています。
また輪郭形成のように美容を目的とした治療の場合には、国民健康保険その他の社会保険の適用がありませんので、料金が高額になってしまうことは大いに見込まれるところです。
そのため施術を行うクリニックでもクレジットカード払いによる代金の分割を可能にしていたり、デンタルローンと提携して負担を軽減するといった手法で対応していることがありますので、手術などの内容だけではなく、料金の支払いについても関心を払うことが不可欠です。

輪郭形成症例写真 | 輪郭形成なら城本クリニック